リデュースは即日発送されている?

リデュースは即日発送されている?

リデュースの即日発送を行っている通販サイトは余りないのが現状です。一部の通販サイトでは在庫があれば即日発送も可能ですが、多くの通販サイトで即日発送は行われていません。

リデュースはセロトニンやノルアドレナリンといった伝達物質の働きを調整して食欲を抑える働きがあります。主な成分は塩酸ジブトラミンで、ダイエット中の過食を防ぐことができます。

肥満症患者の減量治療でも補助薬として利用されています。基本的に補助薬なので、この薬だけで痩せるのではなく食事制限や運動が重要になります。1日1回服用すると無理をせずに食欲が抑制されるので男女を問わず人気です。

医薬品の個人輸入代行サイトを通して購入する人が多数存在します。リデュースはリダクティルのジェネリック医薬品なので、安価に購入できます。リダクティルはヨーロッパでの名称ですが、アメリカではメリディアと呼ばれています。

リダクティル・メリディアは現在ヨーロッパとアメリカでは販売されていません。心血管系の副作用のリスクが明らかになり、自主回収・販売停止となっています。

リダクティル・メリディアはBMI32以上で体重が87kg以上の高肥満症の患者を対象として1日10mgから15mgを6か月投与した場合に、6kgから10kgの減量効果が実証されています。

また2型糖尿病や、軽度高血圧の肥満症患者の減量にも効果があります。脳神経に作用して食欲を抑制する薬なので、薬だけでなく食事制限と運動が重要です。1日1回の服用で効果は24時間継続します。

副作用のリスクを回避するには用量の遵守が重要となります。リダクティル・メリディアのジェネリック医薬品であるリデュースも効果や用法などは同様です。

リダクティル・メリディアには血圧上昇や心拍数の増加、食欲不振、便秘、頭痛、手足の震え、動悸、頻脈、心筋梗塞などの副作用があります。

また抗うつ薬に分類されるので、他の精神薬との併用によりセロトニンが過剰分泌されセロトニン症候群を発症する可能性も存在します。

主成分である塩酸ジブトラミンは他の抗うつ薬や血圧・血管系に作用する薬、アルコールとの併用が禁忌とされます。ジェネリック医薬品であるリデュースも同様です。

塩酸ジブトラミンには様々な副作用があるので、基本的に高度肥満症の患者が補助薬として利用します。扱っている通販サイトは余りないのが現状です。

普通の人が安全にダイエットをするならば、重篤な副作用のないゼニカルのような脂肪吸収抑制剤の方が適しています。