リデュースという薬の詳細

リデュースという薬の詳細

リデュースは一般名を塩酸シブトラミンと言い、食欲抑制剤です。元々はドイツで抗うつ剤として開発された薬ですが、抗うつ効果はあまり期待できず、食欲抑制剤として注目を集めています。

有名テレビ番組でも紹介されたこともあり、注目を集めているダイエット薬です。その詳細は、シブトラミンという成分が交感神経を活発にし副交感神経を抑える働きをし、ノルアドレナリンやセロトニンの働きに対して影響を与えます。

そうすることで代謝を引き上げ、脂肪燃焼を促します。服用している間は代謝が上がるので身体が温かく感じることもあります。

従来のものは今付いている脂肪をなくするというものが多かったのですが、リデュースは簡単にいうと余計なものを体につけないという働きです。

つまり食べる量が一方的に減少するということになります。リデュースは肥満の人のダイエットに効果的な食欲抑制剤であり、適正体重の人が使用しても効果は確認されていません。

間違った使い方をすると思いもよらぬ健康被害が生じたり、副作用がでる危険性もあるので正しい使い方をしましょう。使用上の注意事項として、妊娠中や授乳中の人は使用を控えましょう。

副作用としては口の渇き、頭痛、便秘、不眠などの報告があります。大部分は軽度で短時間で消失します。違和感や副作用が出現したら、使用を中止して医師に相談することが大切です。

心拍や血圧に影響を及ぼすため血圧のコントロールができていない人や脳卒中の危険性のある人は使用しないようにしましょう。

暴飲暴食が止まらない人、外食のお誘いの多い人、食事制限の苦手な人、運動が苦手な人等に取って少ない食事で満腹感を得ることができ、脂肪燃焼効果を得ることのできるリデュースはありがたい存在でしょう。

繰り返しますが、肥満の人に使用する薬です。適正体重なのにもっと痩せたいというような使用は避けて下さい。

日本では医師の処方がないと入手できない薬あり、自分で入手するためには個人輸入をするという方法があります。これは大変煩雑な手続きが必要になります。個人輸入代行業者を利用するという方法が一般的です。

ネット上にいくつかの個人輸入代行業者のサイトが開設されており、通販感覚で購入することができるのです。しかし、もし副作用や何らかのトラブルが発生したら問い合わせ等は自分で行わなければなりません。

薬の説明書等は日本語で書いたものが封入されていますが、単に和訳してあるにすぎません。個人輸入でリデュース等の薬剤を使用する場合はすべて自己責任になります。

副作用などの症状が出てきたり不安に感じることが出てきたら迷わずに医師に相談する勇気を持つことが大切です。